札幌駅近くにあるオーガニックハーブの販売とアロマトリートメントのお店

札幌 HERB GARDEN

メディカルハーブとアロマの自然療法室

アクセス
JR札幌駅10分
地下鉄さっぽろ駅7分

アイスハーブティーの美味しい飲み方

ハーブティーというとホットで淹れた温かいティーを思い浮かべるかもしれませんが、水出ししてアイスハーブティーを作ることもできます。飲むときにハーブの爽やかな香りがして、冷やして飲めば、暑い夏にぴったり。おすすめのハーブと作り方をご紹介します。

アイスハーブティーとは

アイスハーブティーは、ハーブをミネラルウォーターに水出しして作るティーです。

ミネラルウォーターにハーブの風味をつける「ハーブウォーター」や「フレーバーウォーター」と同じ作り方です。
時間をかけてハーブの成分がミネラルウォーターに抽出され、心身にやさしく作用します。
飲むときにハーブの爽やかな香りがして、冷やして飲めば、暑い夏にぴったり。

夏バテやリフレッシュ、疲労、日焼けなど、お悩みや目的別にお好みのアイスハーブティーをぜひ作ってお楽しみください。

目的別アイスハーブティーにおすすめのハーブ

疲労・だるさにおすすめハーブ・ブレンド

ハイビスカス・ローズヒップ・マテ
ルイボス・マテ・ハイビスカス
ハイビスカス・レモングラス・ペパーミント

不眠・ストレスにおすすめハーブ・ブレンド

ジャーマン・カモミール・オレンジブロッサム・レモンバーム
レモンバーム・リンデン・パッションフラワー

食欲不振におすすめハーブ・ブレンド

レモングラス・ジャーマン・カモミール・レモンバーム
ルイボス・ハイビスカス・ローズヒップ

むくみ・デトックスにおすすめハーブ・ブレンド

ハイビスカス・ローズヒップ・ローズ
ジュニパー・ハイビスカス・カレンデュラ

日焼けにおすすめハーブ・ブレンド

ハイビスカス・ローズヒップ・ヒース
ジャーマン・カモミール・ラズベリーリーフ・ヒース

すっきり!リフレッシュにおすすめハーブ・ブレンド

ペパーミント・ローズマリー・レモンマートル
レモングラス・ペパーミント・ローズマリー

ハーブの紹介

ジャーマンカモミール

作用:鎮静、抗炎症、 発汗、健胃、駆風、利尿

ほのかにリンゴのような甘い香りがする飲みやすいハーブです。リラックス作用が高く、ストレスやイライラ、緊張、不安などの気持ちを落ち着かせ、夜は眠りやすくします。胃腸の調子を整える働きがあり、特に胃のトラブルにおすすめです。

レモンバーム

作用: 鎮静、抗うつ、抗菌、抗ウィルス、血圧降下、消化促進

ほのかにレモンのような風味をもち、飲みやすいハーブです。すぐれた鎮静作用で神経を鎮めさせてリラックスし、イライラした気分を落ち着かせて、ストレスを緩和します。不安、不眠、神経性胃炎、消化器系機能障害、 緊張をやわらげます。

ペパーミント

作用: 賦活(のちに鎮静)、制吐、鎮痛、消化器の機能調整、

スーとした清涼感のあるさわやかな味と香りで、気分が一気にリフレッシュ。集中力がなくなった時や、頭がボーとする時、眠気を吹き飛ばしたい時に大活躍します。胃腸の調子を整える働きもあり、胃痛、過敏性腸症候群に役立ちます。また、リラックス作用で不眠やイライラにも利用できます。

レモングラス

作用: 健胃、駆風、抗菌、消化促進

 ティーにするとレモンのような爽やかな香りと味で、とても美味しく、飲みやすいハーブです。消化を助けるため、食後のティーとしておすすめです。食欲不振、消化不良、胃もたれ、下痢、発熱、ガス腹、腹痛をやわらげます。

ハイビスカス

作用:代謝促進、消化機能促進、緩下、利尿

代謝を活発にし、肌の新陳代謝を促しますので、顔のくすみ、
シミ、肌あれなどが気になる人におすすめです。また、すぐれた
利尿作用で、むくみを緩和します。クエン酸を多く含むため、肉体疲労や食欲不振の時にも大活躍します。赤い色の色素成分「アントシアニンは眼精疲労にも役立ちます。

ローズヒップ

作用:ビタミンC補給、緩下、利尿、収れん

ほどよい酸味があり、レモンの約10倍ビタミンCが含まれ、メラニンの生成を防いでシミを予防します。またコラーゲンの生成を助け、肌の弾力を保つ働きをします。疲労回復や目の疲れにもおすすめです。

パッションフラワー

作用:中枢性の鎮静、リラックス、鎮痛、鎮痙、利尿

神経の緊張を鎮めて精神を安定させ、イライラや緊張、不安をやわらげてリラックスし、眠りやすくしてくれます。独特の風味があり、苦手な方は量を少なくするとよいです。

オレンジブロッサム

作用: 抗うつ、抗不安、リラックス、健胃、血液の循環促進

 ストレス性の不眠、頭痛、下痢、精神疲労、緊張、不安、落ち込みなどをやわらげ、気持ちを落ち着かせてリラックスします。また、胃の調子を整えたり、血液循環を促す働きもあります。

ローズマリー

作用: 血行促進、抗酸化、リラックス、抗うつ、利尿、殺菌

目の覚めるような香りと味で、頭がはっきりし、クリアになります。記憶、集中力の低下している時におすすめです。血流を促しますので、肩こりや冷え、頭痛、むくみ、肉体疲労の回復にも。

レモンマートル

作用: 鎮静、抗菌・抗ウィルス、利尿、鎮痛、抗炎症

レモンに含まれる香り成分がレモンより含まれ、「レモンよりレモンらしい香り」といわれています。ティーに入れると、レモンのすっきりとした香りが広がり、気分がリフレッシュします。

ジュニパー

作用:解毒、利尿、発汗、健胃、殺菌、食欲増進

すぐれた利尿作用で、体内に滞っている毒素や老廃物、余分な水分の排出を促します。むくみやすく、毒素や老廃物が溜まっている人に。泌尿器系の感染症の改善にも。

マテ

作用:興奮、利尿、脳の活性化、解熱、緩下、疲労回復

ビタミンCやビタミンB群、鉄分、カルシウムなどのミネラルを豊富に含むため、「飲むサラダ」とも呼ばれています。肉体的、精神的な疲労の回復を助けます。カフェインが少量含まれます。

アイスハーブティーの作り方

アイスハーブの作り方は、ドライバーを使う方法と、フレッシュハーブを使う方法があります。
どちらも水出しして作ります。
アイスハーブティーは、断然水出しの方法が美味しいです。

 

材料

〇ドライハーブ ティースプーン山盛り2杯   (300ml作るの場合。1分作るなら6杯)

(フレッシュハーブを使う場合は、お好みの量で。)

〇ミネラルウォーター 300ml (  1分作るなら1ℓ)

〇ピッチャー(冷水筒)

 

作り方
  • 1
    ドライハーブを使う場合

市販のティーバックにドライハーブを入れて口を閉じます。
ピッチャーが茶こし付きなら、ティーバックに入れなくてよいです。

  • 1
    フレッシュハーブを使う場合

ハーブは洗って水気を切り、適当にカットします。量はお好みで。
カットしなくてもよいですが、ある程度カットした方が、ハーブの成分が抽出されやすいです。

  • 2
    ピッチャー(冷水筒)にミネラルウォーターを注ぎます。
  • 3
    一晩、冷蔵庫で保管し、ゆっくりと時間をかけて抽出します
  • 4
    グラスに注ぎます。

お好みで氷を入れてもよいです。

アイスハーブティーの飲み方

アイスハーブティーは、そのまま飲んでも大変美味しいですが、他の飲み物や甘味、フルーツなど加えることにより、また違った味を楽しむことができます。その時の気分によっていろいろなアレンジをして、新しい味をお試しください。

そのまま飲む

上記のやり方で作ったアイスハーブティーは、出来上がりがすでに冷えていて、とても美味しいです。

グラスに入れて氷を浮かべたり、ミントなどのハーブを少量入れたりすると、爽やかな味わいになります。

色や風味を楽しみながら、いつでも手軽に飲むことができます。

フルーツを加える

アイスハーブティーに、フレッシュフルーツやドライフルーツを加えてみましょう。

アイスハーブティーに、食べやすいようにカットしたフルーツを入れ、ハーブティーと一緒にいただきます。

バナナ、オレンジ、リンゴ、クランべりー、ブルーベリー、イチゴなど、たいていのフルーツは大丈夫です。

レモンやオレンジ果汁など、フルーツ果汁を加えて飲むのもおすすめです。特にレモン果汁を加えるとすっきりとした味になり、夏の暑い日にはぴったりです。

フルーツを加えることにより、ビタミンやミネラルの補給にもなり、いつものハーブティーがまた違った味わいになります。

 

他の飲み物とブレンド

アイスハーブティーと、紅茶など他の飲み物は意外に合います。ブレンドすると味ががらりと変わって、新しい味に出会うことができ、ブレンドする比率によってもまた違った味になって楽しむことができます。
 

紅茶

アイスハーブティーに、アイスティーをブレンドします。紅茶が少し多めにするのがおすすめです。

緑茶

アイスハーブティーに、水出しで作った緑茶をブレンドします。意外にハーブティーと合います。

フルーツジュース

果汁100%のフルーツジュースと、アイスハーブティーをブレンドします。
フルーツジュースが少し多めの割合いにします
カモミールやペパーミント、ハイビスカスなど、色々試してみるのも楽しいですよ。

甘味を加える

アイスハーブティーに、はちみつやジャム、ガムシロップなどの甘味を加えても美味しくなります。

アイスハーブティーに、ハイビスカスやローズヒップなどの酸味があるハーブが入っていて苦手な場合や、仕事や家事の休憩時など、甘い物が欲しくなった時に、はちみつなどの甘いものを少し加えて飲むとほっとします。

砂糖の場合は、アイスハーブティーがもともと冷たいので、たくさん入れると溶けにくいかもしれません。

アクセス

お店案内

JR札幌駅から徒歩10分
地下鉄さっぽろ駅
16番出口から徒歩7分

営業日

受付時間

10:00~16:00
女性専門