札幌駅近くにあるオーガニックハーブの販売とアロマトリートメントのお店

札幌 HERB GARDEN

メディカルハーブとアロマの自然療法室

アクセス
JR札幌駅10分
地下鉄さっぽろ駅7分

マタニティ症状に効くハーブティー

妊娠中は、体内のホルモンバランスがダイナミックに変化し、また胎児が発育するとともに、体にも大きな負担が生じるため、むくみやつわりなどの妊娠期特有の様々な症状が起こりやすくなります。
心身共にとてもデリケートになる妊娠期は、心身への負担が少ないハーブティーの自然療法は非常に有効で、おだやかに改善していくことができます。

つわりにおすすめのハーブティー

妊娠初期に起こる吐き気と嘔吐のことで、女性ホルモンの一つであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌増加により、胃腸の機能が低下するなど、「ホルモンバランスの変化」が原因と考えられます。精神的ストレスがあると、つわりが重くなることもあります。

つわりおすすめのハーブティー

ペパーミント、レモンバーム、オレンジピール、ローズヒップ

ハーブの使い方

ハーブティー

上記のお好きなハーブを数種類ブレンドして飲みます。
ペパーミントはスースーした清涼感、ローズヒップは酸味があり、
レモンバームは、かすかにレモンの香りがして爽やかな風味です。
また、お好みでハーブティーにレモン果汁を落として飲んでもおいしいです。

ハーブティーの飲み方

カップ1杯に対して、ティースプーン山盛り1~2杯分のハーブを使用し、ティーポットやティーバックにハーブを入れてお湯を注ぎ、3分蒸らしたらハーブを濃して飲みます。
水出しして冷たいハーブティーでもどうぞ。

むくみにおすすめのハーブティー

ホルモンの影響で妊娠中の中期~後期にかけてむくみやすく、特に後期は子宮が大きくなるので下半身の血管が圧迫され、血流が滞ってむくみやすくなります。また、妊娠前に比べて血液量が30~50%増えるため、腎臓が老廃物の処理に追いつかなくなることも原因となります。むくみが原因で、のしびれやこわばりが起きることもあります。

むくみにおすすめのハーブティー

ハイビスカス、ローズヒップ、リンデン

ハーブの使い方

ハーブティー

上記のお好きなハーブを、1種類のシングルやブレンドにして、一日3杯(朝・昼・晩など)を目安に飲みます。
一日1杯よりも3杯飲む方が効果を実感しやすいです。

 

ハーブティーの飲み方

カップ1杯に対して、ティースプーン山盛り2杯分のハーブを使用し、ティーポットやティーバックにハーブを入れてお湯を注ぎ、3分蒸らしたらハーブを濃して飲みます。

便秘におすすめのハーブティー

妊娠初期は、筋肉を緩め、腸の蠕動運動を抑える働きがあるプロゲステロン(女性ホルモンの一種)が多く分泌されるため、便秘になりやすくなります。妊娠中期以降は、大きくなるお腹に腸管が圧迫され、腸の容量が狭くなり、動きが鈍くなるために便秘になりやすくなります。

便秘におすすめのハーブティー

ダンディライオン、ハイビスカス、ローズヒップ、ローズ

ハーブの使い方

ハーブティー

上記のお好きなハーブを数種類をブレンドし、一日3杯(朝・昼・晩など)を目安に飲みます。1種類よりもブレンドする方が相乗効果が期待でき、また飲みやすくなります。
一日1杯よりも3杯飲む方が効果を実感しやすいです。
ダンディライオンは苦みがあり、ハイビスカスとローズヒップは
             酸味があります。ローズはフローラルな香りが特徴です。

 

ハーブティーの飲み方

カップ1杯に対して、ティースプーン山盛り2杯分のハーブを使用し、ティーポットやティーバックにハーブを入れてお湯を注ぎ、3分蒸らしたらハーブを濃して飲みます。

肌のトラブルにおすすめのハーブ

妊娠中はホルモンバランスが大きく変わり、女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が増え、肌荒れが起きやすくなります。

妊娠線
急激にお腹が大きくなったり、太ったりすることにより、皮膚が伸びきれずに起きる肉割れの一種です。下腹部、太もも、乳房、おしりなどにひび割れのような線ができます。
産後は白く目立たなくなりますが、完全に消えることはありません。
かゆみが出る
汗をかきやすくなり、汗疹ができる
乾燥し、カサカサになる  その他、アトピー性皮膚炎の悪化や吹き出物、湿疹がでたりします。

肌トラブルにおすすめのハーブティー

ジャーマンカモミール

ハーブの使い方

ハーブバス

カモミールで、飲むときも2~3倍濃いめのハーブティーを作ってバスタブに入れるか、ハーブをガーゼに包んで口をしばり、お湯に入れて入浴します。
使用するハーブはドライでもフレッシュでもよく、ハーブの分量や
              濃さは、お好みでどうぞ。

              お湯がやわらかくなり、肌の乾燥やかゆみを抑えます。

頭痛におすすめのハーブティー

妊娠初期は、血量が20~30%増え、また脳の血管が拡張するため頭痛が起こりやすくなります。
妊娠12~14週あたりが頭痛を起こりやすいピークです。

頭痛におすすめのハーブティー

ペパーミント、ローズ

ハーブの使い方

ハーブティー

上記のお好きなハーブをシングルまたはブレンドして飲みます。

 

 

ハーブティーの飲み方

カップ1杯に対して、ティースプーン山盛り1~2杯分のハーブを使用し、ティーポットやティーバックにハーブを入れてお湯を注ぎ、3分蒸らしたらハーブを濃して飲みます。
ハーブを水出しして冷たいハーブティーとしてもどうぞ。

不眠におすすめのハーブティー

妊娠後期で出産が近くなると、神経が過敏になり、眠れなくなることがあります。また、大きくなった子宮が大動脈を圧迫するため、息苦しくなったり、トイレが近いために何度も起きたりして熟睡できなくなります。
体が授乳のレッスンのために、2時間おきに起きるようになるともいわれています。

不眠におすすめのハーブティー

オレンジブロッサム、レモンバーム、ラベンダー、ローズ、
オレンジピール

ハーブの使い方

ハーブティー

上記のお好きなハーブを数種類ブレンドし、一日3杯(朝・昼・晩など)を目安に飲みます。
1種類よりもブレンドする方が相乗効果が期待でき、また飲みやすくなります。
             一日1杯よりも3杯飲む方が効果を実感しやすいです。
             寝る前に1杯飲むのもおすすめです。

ハーブティーの飲み方

カップ1杯に対して、ティースプーン山盛り2杯分のハーブを使用し、ティーポットやティーバックにハーブを入れてお湯を注ぎ、3分蒸らしたらハーブを濃して飲みます。

不眠に効くブレンドハーブティー

当店では、不眠に効くオリジナルハーブティーを販売しております。

リラックスして眠りやすくし、睡眠の質を高めてくれるブレンドです。

カンキツ系の風味と味で飲みやすく仕上げておりますので、ぜひお試しください。

妊婦さんのためのハーブティー・ブレンド

当店では、妊娠中におすすめのオリジナルハーブティーを販売しております。

妊娠中に起こりやすいむくみや便秘を改善し、また、ストレスや緊張、不安、イライラなどやわらげ、リラックスして夜眠りやすくしてくれます。

また、妊娠8カ月からお飲みいただく、
安産をサポートするハーブティーも販売しております。

どちらもノンカフェインで、安心のオーガニックハーブティーです。ぜひお試しください。

妊娠中の不調に効くアロマテラピー

妊娠中のトラブルには、アロマテラピーも有効です。

つわりの緩和やうっ滞除去作用でむくみの改善、血行
促進作用や鎮痛作用で肩こりや腰痛におすすめです。

<妊娠中のおすすめアロマテラピー>

むくみ(グレープフルーツ)、つわり(ペパーミント)便秘(オレンジスイート)、不眠(ラベンダー)
 

ハーブティーのカスタムブレンド

当店では、45種類のオーガニックハーブの中から、お辛い症状や
目的に合わせた
ハーブをブレンドし、あなただけのオリジナルハーブティーをおつくりします(ブレンド手数料は無料)。

価格≫ カスタムブレンド 10g 300円~

気になる方は、ぜひご相談ください。

オリジナルハーブティー

当店では、オリジナルでブレンドしたハーブティーを
販売しております(発送もできます)。

冷え、風邪、不眠、ストレス、花粉症、肌荒れなどの症状に
応じて、あらかじめお作りしてあるハーブティーです。

≪価格≫  20g  600円~

マタニティアロマトリートメント

当店では、妊婦さんのアロマトリートメントも行っています。
オーガニック精油を使用した気持ちのよいアロママッサージで
リラックスし、心身のストレスを癒します。
血流やリンパの流れを促し、筋肉のこりをほぐして、バランスを整えます

 

ご注文・ご予約・お問合せはこちら

ハーブティーのカスタムブレンドや、オリジナルハーブティーの販売は、札幌駅近くの当店にておこなっております。

ご来店やハーブティーの発送を希望される場合は、お手数ですが、
入力フォームにて、ご予約・ご注文をお願いいたします。

営業時間:10:00~16:00(最終受付)

ご希望の方は、ハーブティーの発送もおこなっております。