札幌駅近くにあるオーガニックハーブの販売とアロマトリートメントのお店

札幌 HERB GARDEN

メディカルハーブとアロマの自然療法室

アクセス
JR札幌駅10分
地下鉄さっぽろ駅7分

冷えにおすすめ。体をぽかぽかに温めるハーブバス

2019年11月13日(火)

オーガニックハーブティー販売の HERB GARDENへご来店いただきまして、ありがとうございます。

 

札幌は初冬を迎え、初雪もとうとう降ってしまいました。

明日から天気が崩れ暴風雪の予報(!)。気温も氷点下になるようです。

すでにすっかり真冬の服装で「寒い寒い」と言っていますが、これから冬本番で、最高気温も氷点下の

寒さになるので、極寒に耐えられるか不安な日々を過ごしている今日この頃です。

 

さて、今回は冷えにおすすめの、体を温めるハーブバスのご紹介です。

寒くなってくると、温かいお風呂に入りたくなりますよね。

お湯だけでも温まりますが、せっかくなので、天然ハーブが入った入浴剤を使用し、香りを嗅いで

リラックスしながら温まりませんか?

ハーブの香りが浴室に広がり、香りを楽しみながら、リラックス作用のあるハーブと、血行促進効果のあるハーブで、心身ともにぽかぽかに温まります。

また、天然塩とハーブを混ぜてハーブ塩の入浴剤を作れば、天然塩の発汗作用、血行促進作用、

保温作用で、温まる効果が高まります。

体が冷えてしまった時に、ぜひおすすめしたいハーブバスです。

 

おすすめのハーブと作り方をご紹介します。
 

【体を温めるおすすめハーブとハーブバスの作り方】

 

■体を温めるおすすめハーブ

〇ジャーマン・カモミール

発汗作用があり、体を温める働きと、リラックス作用があります。また保湿作用や抗炎症作用もありますので、乾燥した肌や肌荒れなどのトラブル肌にもおすすめです。

 

〇ラベンダー

血行促進作用と、リラックス作用があり、夜は眠りやすくしてくれます。フローラルな香りが人気のおすすめハーブです。

 

〇ローズマリー

血行促進効果で冷えた体を温め、疲労回復や肩こり、腰痛、むくみに役立ちます。すっきりとした香りはリフレッシュ効果があり、頭をすっきりさせ、集中力UPや記憶力を高める働きもあります。

 

■ハーブバスの作り方と入浴方法

フレッシュハーブでもよいですが、冬の時期はフレッシュは手に入りにくいですので、ドライハーブを使用した、簡単な作り方をご紹介します。

 

~ハーブの抽出液を作る場合~

ハーブティーを淹れる要領で、飲む時よりも3~5倍の量のハーブを使い、熱湯を注いで15分程置いたあと、

ハーブをこして、抽出液をバスタブのお湯の中に入れて入浴します。
 

使用するハーブの量や抽出液の量は、お好みで調節してください。用意できる分や作りたい量、

作りたい濃さ、バスタブのお湯の量などに合わせてどうぞ。

抽出後の使用済みハーブは、ガーゼに包んだり、お茶パックに入れたものを、バスタブに入れると香りがします。

 

~バスソルトを作る場合~

天然塩とドライハーブを混ぜ合わせ、ガーゼやお茶パックなどに入れて口を締め、バスタブのお湯の中に入れて、入浴します。

使用するハーブの量や天然塩の量は、お好みでどうぞ。

ハーブが浴槽内で広がらないため、入浴後の排水の際に配管が詰まる心配がありません。

 

また、冬の時期なミカンやユズなどのカンキツ系の果物の皮を、バスタブのお湯に入れて入浴するのも

おすすめです。

カンキツ系のさわやかな香りと、皮に含まれる「リモネン」の成分が血行を促し、体をぽかぽかに温めます。

 

寒い日に、体が冷えてしまったら、ぜひお試しください。

 

アクセス

お店案内

JR札幌駅から徒歩10分
地下鉄さっぽろ駅
16番出口から徒歩7分

営業日

受付時間

10:00~16:00
女性専門