札幌駅近くにあるオーガニックハーブの販売とアロマトリートメントのお店

札幌 HERB GARDEN

メディカルハーブとアロマの自然療法室

アクセス
JR札幌駅10分
地下鉄さっぽろ駅7分

マロウブルー

マロウブルーのハーブティー

鮮やかな美しいブルーで、粘膜を保護

マロウブルーは、花壇でもよく見かけるアオイ科のピンクムラサキ色のお花のハーブです。

乾燥させた花は濃い紫色で、ハーブティーにすると鮮やかでキレイなブルーの色になります。

酸性のレモン汁を落とすとたちまちピンク色に色が変わることから、「サプライズティー」とも呼ばれています。

粘液質が含まれるため、喉や気管支、胃の粘膜を保護し、炎症を抑える働きがあり、
咳や胃痛、胃炎、気管支炎などに使用できます。

軽い下剤のような働きがあり、便通の改善にも役立ちます。

のどの痛みには、ハーブティーをうがい薬として使用することもできます。

 

ハーブ名 マロウブルー
学名 Malva sylvestris
科名 アオイ科
使用部位
味と香り くせのない味
作用

皮膚、粘膜の保護、緩下、鎮静、消炎

適応

口腔、咽頭、胃腸、泌尿器の炎症、胃炎、
咳(うがいで)、のどの痛み、膀胱炎、
皮膚のトラブル(外用で)

主要成分

粘液質、アントシアニジン(デルフィニジン)、タンニン

ティー以外の使用法

うがい、湿布

ハーブの使い方

ハーブティー

ドライハーブやフレッシュハーブを使い、ハーブティーを淹れて飲みます。

一日3~4杯を目安に毎日習慣にしてお飲みいただくと
効果を実感しやすいです。

 

ブレンドにおすすめのハーブ
  • のどの痛み・・・タイム、ラズベリーリーフ
  • 胃炎、胃痛・・・ジャーマン・カモミール、レモンバーム
  • 咳・・・リンデン、タイム、エルダーフラワー、マルベリー

うがい薬

風邪やインフルエンザなどの、のどの痛み、咳に。

ハーブティーを淹れて冷まし、うがい薬に使用します。
 

ハーブ湿布

やけどや湿疹、皮膚炎などに使用します。

ハーブティーを、飲む時よりも3~5倍濃いめに淹れて冷まし、洗面器に入れ、タオルを浸して絞り、患部に当てます。

風邪に効くハーブティー

当店では、「マロウブルー」がブレンドされた、
風邪やインフルエンザにおすすめのオリジナルハーブティーを販売しております。

風邪やインフルエンザの鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、咳などの諸症状を緩和して治りを早めます。
ぜひお試しください。

アクセス

お店案内

JR札幌駅から徒歩10分
地下鉄さっぽろ駅
16番出口から徒歩7分

営業日

受付時間

10:00~16:00
女性専門