札幌駅近くにあるオーガニックハーブの販売とアロマトリートメントのお店

札幌 HERB GARDEN

メディカルハーブとアロマの自然療法室

アクセス
JR札幌駅10分
地下鉄さっぽろ駅7分

セントジョンズワート

セントジョンズワートのハーブティー

悲観や不安、うつ気分を明るく軽やかに

セントジョンズワートは、欧米などでは「サンシャイン・サプリメント」と呼ばれ、すぐれた抗うつ作用で気持ちを明るくさせてくれるハーブとして知られています。

季節性感情障害や更年期、生理前のうつ気分には、温かいティーを飲むとよいです。

その他、外用としても使用でき、セントジョンズワートの黄色の花をオリーブオイルに浸け込んで作る抽出油は鎮痛作用や消炎作用がありますので、
やけどや傷、関節炎、神経痛などに使用できます。

薬との相互作用があり、免疫抑制剤、気管支拡張薬、抗てんかん薬、血液凝固防止薬など
多種類の薬の作用が弱まったり強まったりすることがあります。副作用が生じたり薬が効かなくなる恐れがありますので、薬を服用中の場合は、医師とご相談ください。

 

ハーブ名 セントジョンズワート
学名 Hypericum perforatum
科名 オトギリ草科
和名 西洋オトギリソウ
使用部位
味と香り すっきりした香り、少し苦味。
作用

(内服)抗うつ(季節性感情障害、更年期障害)、鎮静

(外用)消炎、鎮痛

適応

軽度~中等度のうつ、PMS、創傷、心労、
生理痛、生理不順、せき、消化不良

主要成分

ジアンスロン酸(ヒペリシン、ソイドヒペリシン)
フラボノイド配糖体(ヒペロシド、ルチン)
ハイパーフォリン、タンニン、精油

注意点

大量を長期にわたっての飲用は避ける。MAO阻害剤に作用することがある。

薬との相互作用あり、抗HIV薬、血液凝固防止薬、
免疫抑制薬、経口避妊薬、強心薬、気管支拡張薬、
抗てんかん薬、抗不整脈薬を
服用中の方は使用を避ける。
妊娠中、授乳中の使用は避ける。

ティー以外の使用法 チンキ剤、抽出油

ハーブの使い方

ハーブティー

ドライハーブやフレッシュハーブを使い、ハーブティーを淹れて飲みます。

一日3~4杯を目安に毎日習慣にしてお飲みいただくと
効果を実感しやすいです。

 

ブレンドにおすすめのハーブ
  • 更年期や生理前のうつ・・・オレンジブロッサム、オレンジピール、レモンバーム

ハーブ湿布

関節や筋肉の炎症や痛み、生理痛に使用します。

ハーブティーを、飲む時よりも3~5倍濃いめに淹れて、洗面器に入れ、タオルを浸して絞り、患部に当てます。

急性の痛みにはティーを冷やしてから、慢性の痛みや生理痛にはティーが温かい状態で使用します。

アクセス

お店案内

JR札幌駅から徒歩10分
地下鉄さっぽろ駅
16番出口から徒歩7分

営業日

受付時間

10:00~16:00
女性専門