札幌駅近くにあるオーガニックハーブの販売とアロマトリートメントのお店

札幌 HERB GARDEN

メディカルハーブとアロマの自然療法室

アクセス
JR札幌駅10分
地下鉄さっぽろ駅7分

シベリアジンセン

シベリアジンセンのハーブティー

様々なストレスへの抵抗力、滋養強壮

シベリアンジンセンは、ロシアや北海道、中国の一部など寒冷地に生育するウコギ科の落葉低木で、和名を「エゾウコギ」といい、アメリカでは「シベリア人参」、ロシアでは「エレウテロコックス」、中国では「刺五加」と呼ばれています。

中国では2000年もの間、「気」を補う植物として利用されており、成分はアダプトゲンとして、様々なストレスに対する適用力を増強させ、全身的な活力を高め、体力を高めることにより、病気を予防する働きがあります。

体内の巡りをよくして毒素や老廃物の排出を促し、乱れた自律神経を整える働きがあるため、精神的・肉体的な疲労やだるさをやわらげます。病後の回復にも役立ちます。

運動や作業などによる疲労やストレスを軽減するため、持久力や集中力の維持、向上が期待できます。

また、免疫機能を活性化させる働きがあるため、風邪やインフルエンザなどの感染症の予防にも役立ちます。

全身の血行を促し、体を温める働きがあることから、冷え性に使用できるほか、冷えからくる肩こりや腰痛、生理痛、むくみなどにも用いることができます。

 

ハーブ名 シベリアジンセン
学名 Acanthopanax senticosus
科名 ウコギ科
和名 エゾウコギ
使用部位 根、根茎
味と香り かすかに人参の甘い香りと味。

作用

アダプトゲン(様々なストレスへの抵抗力を高める)、活力・体力を高める滋養強壮作用
疲労回復、免疫力の強化、血管拡張、運動能力の向上

適応

精神的・肉体的な疲労、ストレス、病後の健康回復、集中力、持続力の低下
感染症の予防、冷え、肩こり、腰痛、むくみ、肌荒れ、月経痛

主要成分

クマリン誘導体(イソフラキシジンなど)、リグナン類(エレウテロシドEなど)、
サポニン
(エレウテロシドAなど)、ピノレジノール、ジグルコサイド、クロロゲン酸、
カルシウム、食物繊維、
多糖類

ハーブの使い方

ハーブティー

ドライハーブやフレッシュハーブを使い、ハーブティーを淹れて飲みます。

一日3~4杯を目安に毎日習慣にしてお飲みいただくと
効果を実感しやすいです。

 

ブレンドにおすすめのハーブ
  • 心身疲労・・・マテ、ローズマリー、ハイビスカス
  • 風邪・インフルエンザ予防・・・エキナセア、ローズヒップ、エルダーフラワー

アクセス

お店案内

JR札幌駅から徒歩10分
地下鉄さっぽろ駅
16番出口から徒歩7分

営業日

受付時間

10:00~15:00
女性専門